幕別町の概要

幕別町の概要

幕別町市街

幕別町は、農業王国十勝の中・南部に位置し、南北に細長い地形をしています。(南北47km、東西20km、総面積478平方キロメートル)町内には十勝川をはじめ、札内川、猿別川、当縁川が流れ、西方に日高山脈が一望できる平地や段丘が広がる自然豊かな町です。また、十勝の中心である帯広市の東に接していることから経済・交通面などの利便性にも優れています。

気候は、年間平均で気温約7℃、降水量900mm、日照時間約2,040時間と降水量が少なく湿度の低い晴天の日(十勝晴れ)が多いのが特徴です。

幕別イベント

明治30年に開町され、開基110年を迎えた平成18年の2月には、旧忠類村と町村合併を行い、新たなまちづくりがスタートしました。人口は27,348人(平成28年3月末現在)

幕別町では、昭和58年グランドゴルフをヒントに「パークゴルフ」を考案し、平成25年には、パークゴルフ発祥30周年を迎えました。現在では町内に12コース(270ホール)ものパークゴルフ場があり、子供からお年寄りまで3世代が一緒に楽しめるスポーツとして全国に普及、愛好者は推定で70万人。

忠類地区では昭和44年7月にナウマン象の化石の一部が農道の工事現場から偶然発見され、発掘調査の結果、ほぼ1頭分の化石が発掘される大変貴重な発見となりました。その後、忠類地区は「ナウマン象の里」として知られ、現在、道の駅「忠類」周辺の観光施設(ナウマン象記念館やナウマン公園・ナウマン温泉など)や土産品など観光資源のイメージキャラクターとして多く使われています。

幕別イベント

幕別町農業の概要

幕別町農業の概要

幕別町の基幹産業である農業は、中・北部にあたる幕別地区で畑作物や野菜生産を主体とし、南部の中山間地である忠類地区では酪農を主体とするなど、北海道有数の農業主産地として地位を築き上げています。

耕種においては、近年、長いもの作付面積、生産量がともに全国一になったことや、忠類地区におけるゆり根の生産など、幕別町の気象や土地条件に即した高収益作物の栽培が増加しています。

酪農・畜産では、幕別地区を中心に酪農経営、黒毛和種繁殖経営及び重種馬繁殖経営が耕種と複合して行われ、忠類地区を中心とした大規模酪農経営とともに多彩な形態の経営が展開されています。

このような幕別町の農業構造から、今後は、経営規模の拡大を志向する担い手に農地の集積を促進するとともに、町内で発生する家畜ふん尿や麦わら等のほ場副産物を活用して良質な有機質肥料をほ場に還元する土づくりを推進するなど、耕畜が連携し、地域複合としての農業発展を目指します。

幕別町農業イメージ